鎌倉/七里ガ浜

友人おススメの美味しいお店に食べに行こうとしたら、日蓮伝説がロケーションだった話。

初、8月の鎌倉駅。

存在は知っておりましたが、8月のスタンプを押すのは初めてです。月替わりの鎌倉名所スタンプ。私、遂に12カ月集めることを決めました。あと1年はモデルチェンジされないことを祈ります。

駅前のバス停。乗りませんが鳩サブレ―の看板が可愛いので撮影。ちなみに、奥に映り込んでいるのが鳩サブレ―の「豊島屋」鎌倉駅前扉店。

こっち側に出たので、目の前の小町通りでちょっとお買い物。通り全体で見ると、店の入れ替わりが頻繁な感じですが、和小物や神具関係、菓子類が揃う便利な商店街です。

駅前の通りに戻って、半地下のガード下を抜けて反対側へ。江ノ電の乗り場はこちら側です。JRの通り抜けはできないので、ご注意を…そう、本日はハンコを押すために大回りしております。

江ノ電はグッズが充実しています。こんなガチャガチャ発見。ナギノートの画面構成の要素であるスタンプは、本日は駅設置のもので十分な感じですが…無視できない可愛さで1回ガチャりました。

入電待ちしてたら、急なゲリラ豪雨;小町通りでなんか曇ってると思ったら…

雨がバッチリ撮れてます。それくらい激しい雨だったんです。

七里ヶ浜に着いたら、晴れていました。なんだったんでしょうね。鎌倉、山だからでしょうか。

七里ヶ浜は目の前に海が広がっていますが、振り返れば坂と山。友人が今から迎えに来てくれるそうなのですが、山の上に行くらしいので、行きはバスかなと。

江ノ電タンタンタンタンタンタン…江ノ電の景色って、住宅街とのせめぎあいがスリルあって楽しいですよね。乗ってて楽しいです。

振り返れば日蓮伝説の現場でした

川のせせらぎが海に合流していて、戯れる親子のシルエットが美しい。いい場所だなぁと思ったら「行合橋」という名称でした。川も同じ名前で何かいわくありげな…と思ったら、日蓮が処刑されそうになったときに天変地異が起きて…という伝説の現場でした。しかも、川の上流には、日蓮が雨乞いで雨を降らせたという伝説も。さっき、すごい雨見ちゃったのも何かの御縁だったのでしょうか。

南部川崎っ子のカルチャーショックなのですが、家だけ並んでいる景色。

その住宅の中に、時々お店があります。こちら、本日伺うビストロ。

鴨のテリーヌが載ったサラダが友人のオススメ。こだわり野菜たちの色が美しい…絵になるサラダです。お庭を眺めながらゆっくりと味わい、語らう時間が楽しかったです。

帰り道、郵便局に寄ったり下り坂をゆるゆる歩いていたら走ってきた生き物が…猫じゃない。なんだろ?と見上げたらリスでした。鎌倉、リス多いなぁ。野生のクルミっこ達が居る町です。

行合通りの踏切からの海。一本違う七高通りの踏切から見る海のほうが有名な景色だそう。

暑さに負けて雨乞いの現場にも七高通りにも逸れることができず、最短ルートでビストロの往復をしてしまいましたが、一つ学んだことがあります。

鎌倉はそこここに日蓮伝説があるぞ!そうか、日蓮伝説って身延山じゃなくて鎌倉だったのか!と。ちょっと遠回しだけど、賢治さんと全く無縁というわけでもないではありませんか。鎌倉に行く際は、油断なく何かあると思ってあたりを見回そうと思いました。今回の伝説については、寒くなったらリトライしまーす♪

関連リンク

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告