東京メトロ・AGCコラボ展 チカテツ×ガラス=未来ヲツクル

7月に入ったのに雨続きで、夏らしい日差しをあまり感じていません。今日も、強い横降りの雨です。雨の京町に来て思い出したのが「AGCで地下鉄の展示が始まっているはず。」です。

銀座線京橋駅4番出口すぐAGC Studio

開業記念の絵葉書セットです。

私の脳内では「東京メトロ=1927年・浅草―上野間開業=東洋唯一の地下鉄道」ですから。このキャッチフレーズに賢治さんが食いつかないわけないと思うんです。開業翌年に大島関連で上京してますし、上野を通ってるんですから見たり乗ったりしてそう…と、思っています。

高橋一生の「なんだしAGC」 CMのAGCです。

入ってすぐ、消毒&検温です。

入り口の案内や、カウンターに綺麗なお姉さんが全部で3人。お客さん、私一人。プレスでもないのに、人無し写真が狙えるのでありがたいです。

案内図の奥に、私の主目的「歴代制服」がチラ見えしています。

あ、なぞときがあります。

なぞときをクリアすると、オリジナル切符がいただけるようです。挑戦してみます。

順路の最初は、改札風になっていて雰囲気がでています。

カバンの中身。

賢治さん存命の頃に既に開業していた地下鉄。その時の制服です。

これが開業当時の制服です……あれ?

開業記念絵葉書セットを見ると、真ん中の人が近いような…?けど、金ボタンに時代を感じます。ちょっと腑に落ちない私。

一緒でしょうか?

会場内一番の迫力は、フォトスポットにもなっている丸の内線。大きいです。

ここでAGCのガラスの解説。ガラスの反射の無さに感動しつつ…でも、会場はほぼ鉄道関係ですね。AGCなのに、自社事業のPRが控えめで、鉄道メインの展示でした。

無事に謎も解けたので、切符をいただけるのですが選べません。運です。

300形引きました!おぉ…硬券です。駅前で色々見れて楽しめて、硬券切符までいただきましたが、入館無料です。

入館無料なのに、なぞときに使ったボールペンまでいただいてしまいました。コロナ対策の一環だそうです。手軽に楽しく、充実した時間を過ごしました。

外部リンク

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告