昭和クラシック銀座の夜

雨の夜独特のこっくりしたトーンで、雰囲気のあるビル撮れちゃいましたw

取材で久しぶりに東京に出た私。満員の帰宅電車を回避するために、2時間ほど夜の街を楽しむことにしました。

美しいアンティークショップのディスプレイ。コロナだし、雨だしで、閉まってるところも多いし人もまばら。けれども、街は美しい。

先日、荒川でご一緒した宮沢俊司さんから「まぼろしのスカラベ展」というグループ展の案内をいただき、そこに書き添えてあった一文が「昭和7、8年に作られた奥野ビル。面白い建築物です。」と。

松屋銀座のほど近く、趣のあるビルが登場しました。

わぁ、賢治さんの作品に出てくる事務所のような雰囲気です。

奥野ビルは、1932年(昭和7年)に本館が竣工し、2年後の1934年に隣接する新館が完成。今も外観や内装は当時のまま残されています。

築88年、銀座屈指の高級アパート。関東大震災でここにあった工場が消失していることから、大震災に耐えられるビルを建てよう!と建築されました。うん。東日本大震災も耐えて、もうすぐ90年です。

目を引くデザインのエレベーター。素敵です。会場は6階なので、乗りましょう。……待っても待っても開きません。ナゼ?

ナルホド。手動は乗る手順が大変だ;数分手こずった後、ようやく乗れました。

一人では撮影しながら乗ったりできず;あわあわ

お部屋沢山です。アンティークショップやギャラリーが入っています。613号室ギャラリーKanonで「スカラベ展」を拝見。

(。´・ω・)ん?なんか、階段が違う上にいっぱいある気がする。

あれ?あれ??

変なの!!窓みたいなのがあって、窓の外も階段なの。

なんだなんだ??と、階段ぐるぐる迷子になっていたら、教えていただきました。

そもそもこの建物、建てられた時期が違う2つのビルなのですが、今は中で2つが繋がってるのだそうです。なんてこった!

ここ、つなぎ目。なるほどね~。だから、窓の越しに階段が並んでいるのです。

当時のタイルかな?そんなことを思いながらぐるぐる歩いていたら、最初のエレベーターの前にたどり着いたので、上に置いてきたエレベーターを呼んでみました。

現在階を教えてくれる矢印がぐいーん…と動くのが愛らしい。すっかり88年前ノスタルジーに入り込んじゃったので、アイスクリーム食べたい気分になりました。

雨の夜の銀座の街にでます。交差点に人はまばらにいるけれど、やけに綺麗な夕焼けがチラ見えしてるのは特に誰も気にせず。1丁目から8丁目までてくてく……

すると、見紛うこと無きレッドなビルが登場。

資生堂パーラー銀座本店。ショップとカフェとレストランと、その上には会議室とかホールもあるという、大きなビルです。

今まで何度か、賢治さんも食べた例のアイスクリームを食べようとしたのですが、行列だったり、改装中だったり、たどり着かなかったんですよねぇ……

資生堂パーラーの規模や内装は変わっているんだけれど、100年変わらない味とメニューがある。素晴らしいです。

はじめまして。写真では見たことがあったんだけど、本店で食べようと決めてたからこんなに時間が経っちゃった。いただきます。

パクッ。はむぅー………と、感想を述べようと思っていたら、隣の席のカップルの男性が言いました。「美味いね。値段に比例した美味さなんだね。高いものは美味い。わかりやすい。」と、自分の心の言葉と錯覚するような言葉が飛び込んできました。

材料が良くて、その味を引き出してるんだろうなぁ。100年、いつの時代も「美味しい」と言わせる至高のスタンダードです。

ちょっと想定外だったのは、ホワイトチョコレートが隠し味で入ってる?基本材料のアイスクリームを想定していたので、驚きました。もしかして、レシピは時代に合わせて変化したのでしょうか?

私がぐずぐずしてるうちに、100円値上がってましたw

おしゃれすぎてわかりづらいエレベーターボタン。銀座のエレベーターは曲者揃い。

お土産

資生堂パーラーの焼き菓子の缶が好きなので、ぬかりなくゲットしちゃいました。

本店限定だよ~~♪赤い千鳥格子をバックにした缶可愛いw

銀座本店限定 プティフールセックプティ

食べ終わった後は、測量野帳がいい感じに入りました。

関連リンク

スポンサーリンク
広告