東京市電、白山線の敷石

路地の石畳。先日、御茶ノ水橋に90年前の廃線軌道が出現!したのを見たせいか、見慣れたこの石畳に何かを感じた私。とりあえず、撮影。

すると、隣の郵便局から出てきた奥さんに「これは、うちのおじいさんがもらってきた路電の敷石よ。そこの白山通りを走ってたのよ。」と、情報が。

帰宅して調べてみました

東京市政概要 大正3年3月30日発行
第14章 電気事業
電車運転系統図

画面中央に「春日町」停車場があります。現在の三田線春日駅と同じ場所です。そこから右に「柳町」があり、小石川一郵便局最寄りになります。

白山線の写真とかあれば、もっとふくらむネタですが、私の手持ち資料はここまでです。御茶ノ水橋の錦町線の敷石も、こんな風にどこかに残って生かされていて欲しいと思いました。

関連リンク

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告