両国~蔵前~浅草「女子の逢瀬」

またまた両国にコンニチワ! 以前に取材でご縁ができて以来、度々両国に参上です。

川崎市幸区の情報誌。幸区にゃんだふる通信。 この号の特集以来「新しい番付表あるよーん♪」と声かけてくれるお姉さんがいます。

両国駅は、その時々の装飾が凝っているので、とてももてなされていると感じるんです。東京に詳しくないけど観光しに来た人に、とりあえずオススメしたい!

待ち合わせしたものの、場所開催中は人がめちゃめちゃ多いです。 日本人外国人問わず、国技館も、周辺施設も人が溢れかえっています。

ナギノート蔵前

以前、左のピンクのルートで宮城館を見に行ったナギノート蔵前が、実は右側がスカスカだったので、今日はそちらを歩いてみます。前回も今回も雨。午後2時待ち合わせなのですが、雨で冬。 暗くなるの早い早い……

人気のペリカンカフェ。 これまた人気のペリカン本店の食パンを使ったメニュー。

なんて綺麗なフルーツの断面なんでしょう!二人でシェアできるように、小さく分割して提供いただきました。 クリームがスッキリしていて美味しかったです。 ここでご歓談。 「せっかくなら、浅草近いからそちら見て帰っては?」という話になり、浅草まで行くことになりました。

(。´・ω・)ん?「スイカが入るメロン?」なんのこっちゃ?

高級フルーツショップかな?と思う外見。

よくよく見ると、本物そっくりな革小物!ほんとリアルです。これは楽しい♪

スイカは果物ではなく、ICカードのSuicaでした🍉

5分くらいで浅草寺着。出店は既にクローズしていましたが、雷門はライトアップ。

隠し龍の髭をなでなでして出世祈願ヾ(・ω・*)お散歩終了です。

蔵前は今、アート・クラフト・カフェといった個人店の新規出店が相次いでいて、ものすごく魅力的なエリアになっています。 両国浅草という歴史地区の中間の蔵前。歴史調査でカッチカッチにするとストイックになってしまうので、適度に蔵前で休憩を挟むとゆるんでイイ感じです。

 


改訂版 東京よりみちノート ([バラエティ])

関連リンク

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告