銀河鉄道じゃないほうのSLの話<1>

1931年、賢治さん9度目の上京は、契約している東北砕石工場の出張でした。行った先の東京で発熱し、病状は悪化。なんとか花巻に帰るものの、死を思う寝たきりの病床で約一月後に手帳に書き込まれたのが『雨ニモマケズ』なのです。

岩手県を走っている美しいSLが話題になっています。

SL銀河、素敵です。
銀河鉄道をコンセプトに作られ、銀河鉄道の夜の列車のモデルと言われる、岩手軽便鉄道(いわてけいべんてつどう)、現JR釜石線を走っています。
釜石線沿いも、賢治さんエピソード満載。
私もSL銀河には惹かれるものがあり、是非に乗ってみたい!と思っているのですが、
研究する者としてはイタイ私のやっちまったエピソードがSL銀河にはあります。
そのイタイ話から、無知ゆえに判断できなかったことを省みて、補完した5年間を書いてみたいと思います。
つづく

関連リンク

外部リンク

全国蒸気機関車配置表
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告