中目黒と岩手県人

中目黒です。今回はノー賢治さんです。賢治さんの足跡のためのみ目的で当サイトをご覧いただいている場合は申し訳ありませんが、こちらはスルーでお願いします。

本日、賢治さん縛りナシで東京観光してみることにします。

ONLY FREE PAPERというフリーペーパー専門店に御用があるのですが、色々気になるので、よりみちしてから行ってみようと思います。

東急東横線中目黒駅に降りました。

住みたい街トップ常連タウン。なるほど、駅前に並ぶ店、デザインが洒落ております。

ナギノ、周囲の同世代が「吉祥寺に住みたい」「中目黒に住みたい」という時代の人なのですが、中目黒上陸は初です。

デザインが素敵な駅前建物群を抜けて、川の側に移動すると……(。´・ω・)ん?

雰囲気変わりましたね。

午前十時から怪しくピンク色に光る証明写真のボックス。大人のプリクラって書いてあります。

あ、エビだ。美味しそう。でもオープン11:30か。

この後も、川沿いに歩いて面白い建物や美味しそうなお店を見かけるのですが、みなさん、お昼のオープンが遅め。

なんだかんだでエビのお店に戻ってきました。

ネオンサインがあるので、実はこちらも夜がメインな感じでしょうか。
フリードリンクのラインナップがオシャレです。
「アロハテーブル」ガーリックシュリンプランチ 993円。

殻が通常のエビに比べて柔らかく、殻をむく必要が無いソフトシェルシュリンプで作られたガーリックシュリンプ。殻の旨味の重要性を感じます。街のオシャレさに比べて、意外と値段が張るわけでもなく……中目黒、イイですね。

郷さくら美術館。

微妙に道路が坂なので、建物の写真が斜めになっております。外観、黒く見えますが、実は近くに行くと細かくロゴが並んでいます。

おぉぉ……

中目黒、駅のすぐそばを流れる目黒川沿いの桜が有名なだけあり、桜のシーズンではなくてもそこここに「桜」があります。

桜橋。

このあたり、お店のメインは夜の営業の様子です。外観に工夫がある店が多くて、見ているだけで楽しいです。

さて、山手通りまで出てきました。こちらに目的の一つ「ピカール」があります。

picard(ピカール)。

こちら、フランスのオシャレな冷凍食品のお店です。解凍するだけで彩り綺麗なパーティーメニューや本場のクロワッサンが食べられます。冷凍食品の専門店なので、保冷バッグ必携……ということで、

買いました。色&デザインが可愛いので欲しくなる保冷バッグ&エコバッグのラインナップでした。ただ、購入した商品はちゃんと凍ったまま持ち帰れましたが、バッグを通して冷気は伝わってきて、持っていて寒かったです……。

街並み拝見の続きです。こちらのビル、私は知らなかったのですが、十代女子がビルの前でキャッキャキャッキャと記念撮影。なんでしょう???

三代目 J SOUL BROTHERS(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)が所属するLDHが展開するJ.S.Bというショップの直営店のようです。

こちらのお店も、この立地でショーウィンドーにここまでスペース割くのかとビックリのディスプレイ。

と、思いきや、築年数深めの建物を活用しているお店もあり。

こちらも、上手く生かしてオシャレに可愛らしいです。

割と低層な建物が続く雰囲気の中に、TRAVELER’S FACTORY 中目黒があります。

TRAVELER’S FACTORY (トラベラーズファクトリー)のフラッグシップ、中目黒店です。

旅をテーマに、本革の表紙で中のノートをカスタマイズして日々の記録や旅日記をつける……トラベラーズノートという商品がありまして、ハンズなどでLAMYの万年筆と共に異彩を放ってるシリーズです。同じブランドネームで展開するブラス(真鍮)の文具もそそる味わいがあり、年ごと・地域のショップごとに限定を繰り出してくるのです。その、本店がここ。

ナギノ記録で使用している「よりみちノート」は、トラベラーズファクトリーとオズマガジンのコラボ商品のシリーズになります。

トラベラーズノートに押したくなるスタンプ……押してよいのです。さすが、フラッグシップだけあって、「トラベラーズノートを使うための」商品が充実。

おそろしや……欲しいもの多し。総本山として充分な見応えです。

グッズ数点と爪切りを購入。

メインになる革の本体については、浮気せずに一冊を育てようと思って、次々繰り出される新商品に手を出さないように精神修行中。成田空港モデルを使っているのですが、東京駅のトレインモデルも素敵でした。皮色は青のほうが好きなので、そちらも限定が出たら手を出せずに済むでしょうか?そして……正直、よりみちノートの稼働率が高いので、あまり育っているとは言えませぬ。ヨヨヨ……。

TRAVELER’S FACTORY中目黒、お勧めです。TRAVELER’S FACTORYファンの期待に応える内容でした。

こちらが、今回のよりみちを記載したノート。よりみちばかりの中目黒でした。

中目黒、よりみちの楽しいエリアでした。しかも、入れ替わりが早いようなので、次回はまた違う表情が楽しめるかもしれません。

さて、目的のONLY FREE PAPERは、よりみちしたエリアとは駅を挟んで真逆です。

築一軒家を改装したSpace Utility TOKYO。作家さんの作品を販売しているスペースです。その2階がONLY FREE PAPER。フリーペーパーを配布&通販しているショップです。

フリーペーパーを制作しているので、気になっておりました。内容も様式も多岐にわたるフリーペーパーが一堂に会しているので、面白いです。幸区にゃんだふる通信の仲間入りもお願いできました。おっ、最後はちゃんと仕事しましたねwこれにて、今回のよりみちはおしまいです。

後日談

オズマガジンに掲載されました。連絡が来てビックリですΣ(・ω・ノ)ノ!

関連リンク

外部リンク

改訂版 東京よりみちノート ([バラエティ])
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告